• 千葉市内での葬儀と斎場

    千葉市内で葬儀をするにあたり、差し当たって決めなければならないこととしては、喪主を誰にするのかと、その喪主のもとで葬儀の式場と日時をどうするのかということです。

    千葉で葬儀についての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

    これらは関係各所に通知する必要がありますので、家族や親族で話し合いの上で、なるべく早めに決断すべきものです。


    このときにネックとなる式場についてですが、千葉市内で執り行う場合、当日の交通混雑などを考えると、なかなか昔のような自宅葬を行うことは難しくなっています。



    そこで、菩提寺として決まっているお寺があれば、そのお寺で執り行うことも考えられますし、あてがない場合は別に斎場を借りて葬儀を執り行うことになります。

    千葉市の場合には、火葬場に併設された市営の斎場がありますので、ここを利用することも可能です。
    ただし、司会進行をはじめとするいっさいのサービスはありませんので、葬儀社と話し合いの上でということになります。
    市営斎場は式場として複数の部屋があるものの、定員がかなり少なく、大規模な葬儀には向かないことも考慮しておきたいところです。

    ほかにも民間の斎場がありますが、いずれも駅の近くや幹線道路の近くに立地していますので、アクセスのよいところを選ぶことができます。
    駐車場も完備されており、当日の交通混雑の心配もありません。

    何よりも設備が整っており、式場そのもののほかにも、僧侶控室や遺族控室、霊安室、浄め所、宿泊室などがありますので、当日のスムーズな進行が期待できます。