• 最近の新しいお葬式スタイル

    お葬式というと、さまざまな人を多人数呼んで行うものだというイメージを持っている方も少なくないでしょう。

    待望の葬式をご紹介します。

    しかし最近では、色々なスタイルのものがあるため、大規模なもの以外の、自分に合ったスタイルのものを選ぶことも可能です。



    最近主流となっているお葬式のスタイルとしては、家族葬と呼ばれるものがあります。
    家族葬は、形式的な面や葬儀の流れは一般的なものと変わりませんが、参列者の規模が小さいという特徴があると言えるでしょう。



    一般的なスタイルの場合は、身内だけでなく幅広い関係者を呼ぶのが普通ですが、家族葬の場合は、家族や親族、そしてごく親しくしている友人や知人などに参列者を限定するため規模が小さくなるということです。

    メリットとしては、大勢の参列者の対応に追われずに済むことや、身内だけのアットホームな葬儀ができることなどがあると言えるでしょう。
    次に、葬儀を簡略化したスタイルとしては、一日葬と火葬式があります。


    一日葬は、お通夜をやらないスタイルであり、そのことによって葬儀日程を一日に短縮できるという特徴があると言えるでしょう。

    葬儀は通常二日間の日程で行われますが、それを一日に短縮することにより、遺族の体力的・精神的な負担を減らせることや、費用を安くできるというメリットがあります。
    そして火葬式は、通常の儀式を全て省略し火葬のみを行うというとてもシンプルなスタイルのことを指します。
    火葬式は費用を格安で済ませられるのが最大のメリットであり、20万円程度が相場です。