• 千葉の葬儀の進行について

    千葉市内で一般的な葬儀を執り行う場合には、特に地域的に奇抜な風習などがあるわけではありませんが、基本的には昔からの慣例にのっとり進行すべきといえます。

    千葉で葬儀情報を調べられるこのサイトはオススメです。

    千葉市内の場合には、全国的な傾向と同じとおり、仏教の形式での葬儀となることがほとんどです。

    市内には公営および民間の斎場施設はいくつもありますので、こうしたところを貸し切って式場とするのが普通です。
    葬儀は通夜と告別式にわかれますが、当日の進行はだいたい同じで、導師が入場して読経をあげ、区切りがつけば焼香に移ります。


    告別式の場合には、弔事の読み上げ、喪主によるあいさつと、火葬場への出棺が加わります。

    導師については、千葉市内に先祖からの菩提寺があれば、その寺院から僧侶を呼ぶべきですが、もともとの地元ではないため、特定の菩提寺もないということも考えられます。
    この場合は、昔からその家系で信仰されてきた宗派と同じ宗派の寺院を、市内で探し出して、導師の役目を依頼するのが適切です。



    事情がよくわからない場合には、逆に葬祭業者のスタッフに相談をして、昔からの檀家ではなくても受け入れてくれそうなところを見繕ってもらうのもよいといえます。



    また、焼香に関しては、宗派によって作法の違いがあり、千葉に多い日蓮宗の場合は、導師以外は一回だけというのが普通です。

    参列者のなかに議員や社長などの身分の人がいる場合は、指名焼香として、肩書と氏名を読み上げて、一般の参列者に先立って焼香をしてもらうことになります。